FC2ブログ

花粉症の薬

2006.03.29.Wed
花粉症に頭を悩ませている人も多いでしょう。
この時期は薬局にとってもかきいれ時です。
かくいう私も結構酷いです。
その癖医者に行っていないのは医者が苦手だから……というのもありますが、大抵薬で何とかなるのと、元々が元気な為。
病院に行ったら自分が持っている薬と同じ物を出されたとか、安静にしていれば治るよ程度ばっかりなんで、行っても変わらないかなーと。

さてさてそんな花粉症の人に花粉症の薬についての簡単な知識を。

花粉症の薬は大まかにいうと三種類あるます。
1.抗ヒスタミン薬
2.抗アレルギー剤
3.ステロイド薬
他にも色々ありますが、とりあえず有名所はこんな感じ。

1.抗ヒスタミンというのは花粉症の人なら聞いた事、飲んだ事があるはず。
名前のまま、アレルギー反応を起こすヒスタミンの作用を押さえる薬です。一番良く世に出回っている花粉症の市販薬ってのがコレ。ついでに眠いのと喉の渇くのもコレです。
これには第一世代とか第二世代ってのがあって、第二世代と言われているのは眠気が殆どないです。アレグラとかクラリチンといわれているやつです。ただこれはお医者さんが出してくれる物。一般的な薬局で買うなら、「メキタジン」という成分が比較的眠くなりにくいそうです。
「花粉症」の薬として有名ですが、「アレルギーの薬」ですので、花粉症の薬が無い時はアレルギーの薬の中に同じ成分があります。
また、「ドリエル」という睡眠導入剤にも抗ヒスタミン剤が入っております。それくらい眠気の強い薬なので、第一世代の抗ヒスタミン剤を飲む時には気をつけて下さい~。
薬の眠気は、お酒の眠気よりももっと我慢できないそうです。
あと、胃腸薬やグレープフルーツジュースとの飲み合せはよくないそうです。

2.抗アレルギー剤というのは、ヒスタミンが作られるのを押さえる働きがあります。ただしもうできちゃったのを押さえることはできないんで、花粉症が始まる2~3週間前から飲む必要があります。

3.ステロイド剤というのは炎症を鎮める作用があります。きっつい時にはこれをつかわれたり、主に点眼、点鼻薬に入っていたりします。ただ長期間多量に用いるのはあまりよくないです。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~coop-dr/yaku3.htm
市販薬については↑のサイトが詳しいです。
(TOP http://www2s.biglobe.ne.jp/~coop-dr/)

なお、血管収縮剤という点鼻薬に入っている物は大量に長く使いすぎるとかえってよくないそうです。
また、妊婦さんや小さな子供、既往症、アレルギーがある方は、必ずお医者さんや薬剤師さんに相談してから買って下さい。
長期に渡って飲む場合は、お医者さんの方が安上がりになります。

ちなみに私が飲んでいるのは……。
[ 全文を読む ]
スポンサーサイト



焼酎の話

2006.03.12.Sun
とり@酔っ払いです。
元同僚(?)の送別会もどきで、珍しく今日は焼酎飲んできました。
今日の日記は自分が忘れないようにメモっておく為のものです(笑)

焼酎って基本的に何でも有りなんですよね~。
だから焼酎に嵌った者は本当の酒飲みだと言われてます。(私の周辺だけかもしれませんが(笑))
ちなみに日本酒のアルコール度は14度前後。ワインもそれくらいなのに比べて、焼酎は幅が広いですが、25度くらいが多いような気がします。
代表的な者が麦と芋ですが、麦の方が癖がなくて飲みやすいです。
女性にお薦めなのが、「柚子小町」。最近おいている所が増えました。
後は紫蘇系が平気なら、鍛高譚(たんたかたん)。柚子小町よりも置いてある可能性が高いです。飲み易さからいうと芋<麦<鍛高譚だそうですが、あいにく私は紫蘇がそうとくいでない為、ちょっと苦手です。

今日飲んだのは柚子小町(柚子)、紅乙女(胡麻)、日向の夏子(夏みかん)、(芋:名前覚えてない)、(桃:覚えてない)でした。
一番飲みやすいのが柚子小町、ついで日向の夏子、桃でした。やはり柑橘系は飲み易いです。
スクリュードライバーもですが、柑橘系はアルコール臭さが薄れるんですよね~。
桃も美味しかったです。胡麻は最初飲んだときは麦っぽかったんですが、後から「あ、胡麻!」と思うほど胡麻の香りがきました。芋は……芋でした(すみません、癖があって:;)
次はカボチャや、牛乳の焼酎にチャレンジしてみたいです。

ちなみに今日行ったお店は名古屋金山あすなるの焼酎バー「芋 蔵BAR GIRI」。
女性の一人でも入れそうな雰囲気の、シックなショットバーでした。



しかし酒を飲むと花粉症の薬が飲めないのが辛い…

秘密

2006.03.07.Tue
今日よりも雨だった昨日の方がなぜか花粉が酷いです…TT

会社の人に東野圭吾を借りました。
以前読んだ覚えもあるのですが、再度読み直して初っ端からうるうるです。
感想書こうかと思ったけど、余韻を引き摺りすぎてかけないや。

いまさらだけど

2006.03.06.Mon
いつの間にか終わってしまいましたが、スケートはばっちり見ましたよ~。
荒川選手の金の演技もたっぷりみました。
今回の演技を見ていて思ったんですが、フィギュアは転倒との戦いでもあるんだなあと。
今回シングル男女は一位以外どこかでバランスを崩してるんですよね。
オリンピックには魔物が住んでいるといいますが、ホントそれですよ。練習で100%できていても、オリンピックという大舞台に立つと色々な要素でマイナスされてしまう。そんな中でミスをしないというのは、どれだけ練習を重ね、どれだけ精神も鍛えてきたんだろうと思います。

それと荒川選手もプルシェンコ選手も動きが滑らか!
淀みないというか、危なげないというか。
あああ~というのがなくて、ゆったりその気分に浸れます♪
[ 全文を読む ]