FC2ブログ

武将と方言

2007.06.15.Fri
メールの返信しましたー。

政宗の天下というIF戦記物を読み終えました。
関が原の戦いの時に政宗が家康と戦ったら……という話です。
政宗が関が原で西軍についたら? と考えた事があったのですが、私の考えは浅かったです。運とかに助けられたみたいな感じで進むところもありましたが、全体的に面白かったです。
何より昌幸、信之、幸村(信繁)が三人一緒に戦えたのが嬉しい♪
成実が頑張ってました。
……でも最後のオチだけは好みじゃない……。

今度は真田忍侠記を読み始めましたが……一冊でダウンしそうです。
佐助や才蔵がバリバリ超能力まがいの忍術を使うのは、まあいいです。佐助や幸村たちの方言でずらとか良く出て来るのも、あの辺りの方言は良く分からないので気にならないです。
佐助が「佐助やーん」と呼ばれるのも何とか耐えます。
でも彦左衛門や直政、家康が尾張弁なのはちがあああああああうと叫びたくなります。
井伊直政は遠州だけど。
三河武士はやっぱり三河弁を話して欲しいです。

そんなことを友人にメールしたら、「そういえば秀吉は時々創作で【だぎゃ】って話すことあるのに、信長はあんまり見ないね」と返ってきました。

そういえば信長は尾張出身…………。
「猿! もっと近う寄るだわ!」(猿、もっと近くに寄れ!)
「まあ、のみゃあ!」(まあ、飲め!)
「人生五十年だで」(人生五十年だから)

家康も三河出身。
「天ぷら食べりん!」(天ぷら食べてみて)
「そんなことあらすか!」(そんなことない!)
「ほだらー」(そうだよなー)

伊達政宗は米沢弁。
「どいづいいがえってみろ」(どれが良いか選んでみろ)
「こしょうかだんな」(わがまま言うな)
「うまいごどあじつけたもんだ」(うまいこと発想したもんだ)

 大河や小説とかで時々一部の人だけ方言で喋ってる事があるのが気になります。
 戦国なら島津や秀吉、幕末なら西郷や坂本辺りは方言っぽく、他は標準語ってのがよくあるような気がします。
 どうせなら全員方言か全員標準語(東京弁)でいいのに。
 字幕スーパーつきの時代劇ってのも面白そう……。


 尾張弁、三河弁は身近な人の言葉を参考にさせて貰いましたが、生粋の三河人、尾張人ではないので、違ってたらすみません。
 米沢弁だけ分からないので、
http://www.omn.ne.jp/~yamada-s/index.htm
の季節のコラム内、米沢弁を参考にさせて頂きました。
 ちなみに私は美濃弁、飛騨弁、伊勢弁、三河弁などなど色々混じってます(笑)
 美濃弁自体が尾張弁と三河弁を混ぜて関西風味にした物らしいです。

 
 明日は雨が降らなかったら古本屋巡りで本を買い漁ろうかと思ってます。
 自分的メモ帳

・司馬遼太郎の家康三部作(特に関が原中巻)
・真田太平記二巻以降
・居眠り磐音 江戸草紙シリーズ
・山岡荘八 徳川家康
・土方関係
・伊達政宗関係

十月には五稜郭に行くぞー!!!!
スポンサーサイト



コメント

ども(^_^ )/久しぶりです

2007-06-17.Sun 19:18
とりさん、久しぶりです。
戦国時代の人々は本当に方言だったのかな?
…すこし気になりますね。

でもさすがに敦盛を舞うのに
『人生50年だて~』とは言わない気がしますよw

読み物として、IF物がありなら仲路さとるの
『異戦国志』と『新真田十勇士 異戦国志外伝』
なんてどうでしょ?真田が活躍しますよ

土方さんのIF物なら柘植久慶の
『土方歳三の鬼謀 逆転「鳥羽・伏見」戦記』
『土方歳三の鬼謀Ⅱ 逆転「会津・北越」戦記』
『土方歳三の鬼謀Ⅲ 逆転「箱館・宮古湾」戦記』
なんてのもあります。

ちなみに私は明智光秀がすごく好きです。
URL|マンダレー #-[ 編集]

とり

2007-06-18.Mon 23:59
お久しぶりですー。
大学の授業の言語学概論? の方言の伝播の授業を思い出します。
400年も前だから今とはちょっと違うかもしれないですねー。
ってさすがに敦盛謡う時にだでまでいうとは思ってませんよ!!

ただ伊達政宗は、最初「仙台弁」で調べたら「政宗の時代の米沢弁は今の仙台弁に引き継がれていない云々」と書いてある所もあったので、米沢弁を話していた可能性もありそうです。

仲路氏の新真田十勇士はちらりと立ち読みした覚えがあります。確か真田大助が中心なんですよねー。
幸隆、昌幸、信幸、信繁辺りが気になっているので、まだそちらには手を出してないですー。
異戦国志の方はどの辺りのifなんでしょうか?

柘植氏の土方if物はあるのは知ってたんですけど、そんなにたくさん出てたんですねー。
古本屋では見つからないので、そろそろ真面目に本屋も探そうかと思ってマス(笑)

光秀も興味深いですよね。
最初の日本史で習った時は何でこの人裏切ったの? とか思ってたんですが、追い詰められていたのか、それとも信長では駄目だと思い切ったのかと。

……でもゴメンナサイ。最近BASARAをやったので、あのいっちゃってる光秀が真っ先に頭に浮かびます(笑)
URL|戦国時代 #.t1pMA7w[ 編集]

戦国無双の光秀も…引きますが…

2007-06-19.Tue 00:33
とりさん、こんばんは~
『異戦国志』は、ratrellくんに紹介されたものだけど、
基本的に本能寺の変からIFスタートです。
そこからは説明できませんが、スケールが壮大ですよ。
外伝は本編ほどでないですが、ラストは盛り上がりますよ。
真田大助が主役な時点で珍しいですよね。

光秀の原因は、最近とある研究者が大まじめで
イエズス会との関わりを指摘してますよ(笑)
もうここまで来たら笑うしかないですが…
私は朝廷黒幕説を支持します。

昔、酷使学科のE良先生に
『中世の人と現代人は話し言葉の発音が違う』と聞きました。
ひらがなで書かれた文書を見る限り違うと言ってました。
URL|マンダレー #-[ 編集]

そんなのも

2007-06-19.Tue 23:27
あったねぇ。
もう歴史小説読まなくなって早何年でしょう。
私が今読んでる本は「早分かり 証券外務員試験」です。
10月までに合格せねばいかんのです。
困ったもんだ。
URL|ratrell #-[ 編集]

2007-06-20.Wed 22:05
>>マンダレーさん
本能寺からというと光秀の天下が三日天下じゃないとか、信長が生き残るって感じでしょうか?
今夏草…を読んでいたら、初っ端から光秀が出てきましたよ(笑)
それにしても歴史小説を読むようになって分かったんですが、「歴史」というのは難しいんですね。
残されている資料が昔だと文章くらいしかないけど、その一つだけ見て正しいとは言い切れないし、誰かの証言も虚言だったり誇張だったりする可能性もあるんですよねー。

>>ratrellさん
お久しぶりー。日記見る度大変そうだなーと思ってます。
本を読むのは好きなんですが、勉強の本となると途端に理解不能&眠くなるのはなぜなんでしょう…。
試験頑張れ~v-87
URL|とり #.t1pMA7w[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

映画字幕(スーパー)五十年

2009-05-24.Sun 00:50|忍者大好きいななさむ書房
映画字幕(スーパー)五十年